顕微鏡分光計 微視的角度分解能 微視的蛍光 顕微鏡スペクトル

Product ID: 5830


¥2,887,650¥5,775,484

Compare

顕微鏡分光計 微視的角度分解能 微視的蛍光 顕微鏡スペクトル

顕微分光システム:
世界最高のSemrockフィルターセットを使用して、励起光、蛍光、フィルターを1つのプローブに創造的に統合します。 同時に、マイクロエリアプローブカップリングモジュールを使用すると、蛍光スペクトル測定の空間分解能を5μmに上げることができます。 顕微鏡分光システムは、その名前が示すように、顕微鏡システムと分光計システムの組み合わせです。 顕微鏡イメージングの機能とスペクトル分析の機能の両方を備えています。 このシステムは、ミクロンレベルのサンプルの蛍光スペクトル、反射スペクトル、透過スペクトル、ラマンスペクトル、およびその他のスペクトル分析を実現でき、材料、バイオテクノロジー、鉱物分析、マイクロナノ光学などの分野で広く使用されています。

システムモデル:MS-Motic-XXX / MS-Olympus-XXX / MS-Leica-XXX(選択)
顕微鏡ブランド:モティック/オリンパス/ライカ(選択)
モデル番号のXXXは、ファイバースペクトロメーターを表します。
ファイバースペクトロメーター:EQ2000 / EQ4000 / PC2000 / …(カスタマイズ)

顕微鏡分光計システム:
Microscopic spectrometer

構造と組成:
顕微分光システムは、照明モジュール、スペクトル受信モジュール、イメージングモジュールの3つのモジュールに分けることができます。
1.イルミネーションモジュール
顕微分光システムの照明モジュールは、一般に、ケーラー照明と共焦点照明の2つのタイプに分けられます。
a)ケーラー照明の光源は、通常、顕微鏡に付属のハロゲンランプであり、ハロゲンフィラメントは、レンズグループを介して対物レンズの後側焦点面に撮像されるため、対象物はより明るく均一になります。フィールド照明;原理図を以下に示します。
顕微鏡分光計

b)共焦点照明は、照明光源(レーザー、キセノンランプなど)を光ファイバーを介して顕微鏡分光システムに導入することです。 光ファイバの出力端面は、光学システムを介して対象物表面に画像化されます。つまり、入射端面と対象物表面は、固定点照明または励起を実現するために共役されます。

2.スペクトル受信モジュール
このモジュールは、光ファイバと小型分光計で構成されており、光路を受信する光ファイバは共焦点受信です。つまり、受信面と物体面は共役面であり、固定小数点スペクトル受信を実現します。 受信ファイバの一端は顕微鏡の光路に接続され、他端は小型分光計に接続されて、物体の微視的領域のスペクトル情報を取得します。

3.イメージングモジュール
モジュールはCCDカメラです。 顕微鏡に基づいて、CCD / CMOSカメラは物体表面の共役表面に配置されます。 スペクトルを測定しながら、物体画像のリアルタイム取得、つまり共役イメージングを実現できます。

顕微鏡分光計

システムの特徴:

1)操作が簡単:顕微分光システムは、顕微鏡の光路に基づいて改善および最適化され、スペクトル測定モジュールが追加されています。測定手順は2つのステップに分けることができます。1つは顕微鏡下で物体を見つけて接眼レンズの下に鮮明な画像を表示すること、もう1つはマイクロ分光計ソフトウェアを介してスペクトルを収集することです。

2)対象物が小さく、面積は任意です。共焦点の原理により、受信側のファイバは、対象物の表面でファイバ端面が画像化された領域のみを受信できるため、小さな領域でのスペクトル収集を実現できます。取得領域の空間分解能は、一般に、受信ファイバのコア径を対物レンズの倍率で割ることによって得られます。特別にカスタマイズされた光ファイバーにより、収集エリアの周囲にリングを形成し、エリアの選択と小さなオブジェクトの配置を実現できます。

3)強力な測定能力:従来の顕微鏡にはないスペクトル測定機能を備えています。従来の顕微鏡は画像取得しかできないため、対象物のトポグラフィーを分析することができ、対象物のスペクトル情報を取得することはできません。微視的スペクトル測定システムは、物体画像を収集する機能に加えて、さまざまな領域の物体のスペクトルを収集および分析し、物体の構造と特性をさらに理解することもできます。

4)複数の拡張機能:市販の顕微鏡に基づいて、光路スイッチャーの設計と結合により、顕微鏡下での透過と反射、蛍光、およびラマン分光測定を追加して、さまざまな科学研究のニーズに最大限に対応できます。 。

典型的な顕微鏡スペクトル測定

1)顕微鏡反射スペクトル測定:通常、顕微鏡に付属のハロゲンランプを光源として使用し、顕微鏡の上部反射光路を介して物体を照明し(ケーラー照明)、反射された後、受信ファイバーに入ります。オブジェクト。分光法と反射光の分析。

2)顕微鏡透過スペクトル測定:通常、顕微鏡に付属のハロゲンランプを光源として使用し、顕微鏡下の透過光路を介して対象物を照射し、対象物を通過した後、光が受信ファイバに到達し、マイクロ-分光計は、受信した透過光のスペクトルを収集して分析するために使用されます。

3)顕微鏡蛍光スペクトル測定:外部レーザー光源は、光ファイバーまたは蛍光プローブを介して光路スイッチャーを介して顕微鏡システムに結合され、物体の蛍光励起を実現するために物体表面に焦点を合わせます。次に、励起点から戻ってきた光をフィルタリングする(励起レーザーをフィルターで除去する)ことにより、受信ファイバーに入る光は必要な蛍光情報のみを保持し、マイクロ分光計を使用して受信蛍光をスペクトル化および分析します。

4)顕微鏡ラマン分光測定:外部レーザー光源(波長532nmまたは785nm)をラマンプローブを介して光路スイッチャーを介して顕微鏡システムに結合し、物体表面に焦点を合わせて物体のラマン励起を実現します。次に、励起点から戻ってきた光をフィルタリングする(励起レーザーをフィルターで除去する)ことにより、受信ファイバーに入る光は必要なラマンと蛍光の情報のみを保持し、マイクロ分光計を使用して受信したラマン光と蛍光を測定します。収集と分析。

MS-顕微鏡スペクトル分析システム:

顕微鏡分光計

商品コード: 該当なし カテゴリー: タグ: ,
Model

MS-Motic-XXX, MS-Olympus-XXX, MS-Leica-XXX