1950/2000/2050nm ハイパワー 偏光ビームスプリッター/コンバイナー HP PBS/C (PM1550 ファイバー付き)

Product ID: 6652


¥11,500

Compare

1950/2000/2050nm ハイパワー 偏光ビームスプリッター/コンバイナー HP PBS/C (PM1550 ファイバー付き)

偏光ビーム スプリッタ (PBS/PBC) は、2 つの直交偏光ビームを 1 本の光ファイバーに結合するか、直交する直線偏光を含む 1 つの出力を 2 つの光ファイバー出力にそれぞれ結合するために使用されます。 逆に使用することもできます。 偏波保持ファイバー分岐から入力された 2 つの直交偏波ビームはシングルモード出力ファイバーに結合され、これを使用してポンプ レーザーのパワーを結合し、ファイバー レーザーの消光比を向上させることができます。

注記:
10,000円は内金であり、商品の最終価格ではございません。 必要な場合は価格をお問い合わせください。

製品仕様

パラメータ 単位
中心波長 nm 1950/2000/2050
動作帯域幅 nm ±40
代表的な挿入損失 dB 1.0
最大損失 dB 1.3
最小消光比 dB 20
方向性 dB 50
リターンロス dB 50
耐電力 CW W 10, 20, 30 optiona
パルスパワー KW 10
ファイバーの種類 PM Panda fiber for Ports 1&2, SMF-28e or PM Panda fiber for Port 3
ファイバーの長さ m 1 or other
コネクタの種類 None
最大引張力 N 5
パッケージサイズ mm 14X12X8
動作温度 -5~+70
保管温度 -40~+85

*温度測定環境は25℃です。
*上記のデータにはコネクタは含まれていません。コネクタを追加すると、挿入損失は 0.6dB 増加し、リターンロスは 5dB 減少し、消光比は 2dB 減少します。デフォルトでは、光ファイバの遅軸はKey キーに合わせて配置します。


パッケージの寸法


TaorLabs polarizing beam splitter


モデル情報

TLHPPBS/C
動作波長 耐電力 ファイバーの種類 Port1&2 ファイバーの種類 Port3 ピグテールの長さ テールブーツタイプ コネクタの種類
1950=1950nm
2000=2000nm
2050=2050nm
05=5W
10=10W
S=other
P15=PM1550 S2=SMF-28e
P155=PM1550 slow axis 45° alignment Port 1
P150=PM1550 slow axis alignment Port 1
08=0.8m
10=1.0m
15=1.5m
S=other
B=250um bare fiber
L=900um loose tube
S=other
N=None

*参考モデル: TLHPBS-2000-05-P15-P150-10-L-N
ハイパワー偏光ビームスプリッター、中心波長 2000nm、出力許容値 5W、ポート 1&2 ファイバータイプ PM1550、ポート 3 ファイバータイプ PM1550、ポート 1 に合わせられた遅軸、ファイバー長 1 メートル、900um ルースチューブ、コネクタなし