1950nm 1×2/2×2 単軸動作偏光維持 PM ファイバカプラ

Product ID: 6679


¥11,500

Compare

1950nm 1×2/2×2 単軸動作偏光維持 PM ファイバカプラ

TaorLabs が製造する結晶構造偏波保持ファイバカプラ (PM クリスタル カプラ) は、単軸動作 (遅軸動作、速軸カットオフ、または速軸動作と遅軸カットオフ) を実現できます。結晶光路を調整することで、0.1 ~ 55 % の分割を実現でき、780 ~ 2050nm の範囲でさまざまな波長と異なる分割比を持つカプラーを製造でき、光ファイバー通信、ファイバーレーザー、ファイバー増幅器などで広く使用されています。田畑。

注記:
10,000円は内金であり、商品の最終価格ではございません。 必要な場合は価格をお問い合わせください。

製品仕様

パラメータ 単位 数値
1×2 (2×2)
動作波長 nm 1950
帯域幅 nm ±40
スプリット比 01/99~50/50
追加損失(最大) dB
1.2@1X2,1.5@2X2
消光比(最小) dB 22@1X2,20@2X2
リターンロス dB 50
ファイバーの種類 PM1550/PM1950
電力サイズ W 0.3~20 optional
作動軸 Single-axis work (slow-axis work, fast-axis cut-off; or fast-axis work, slow-axis cut-off)
コネクタ FC/APC or other
ファイバーの長さ m 1
パッケージサイズ mm φ5.5XL35
動作温度 -5~+70
保管温度 -40~+85

※温度測定環境は25℃です。
※上記データにはコネクタは含まれておりません。 コネクタを追加すると、挿入損失は 0.3dB 増加し、リターンロスは 5dB 減少し、消光比は 2dB 減少し、光ファイバの遅軸はデフォルトで Key キーに合わせられます。

パッケージの寸法


TaorLab fiber coupler

 

モデル情報

TLPMTC
Port 動作波長 スプリット比 パワー 動作軸 ファイバーの種類 ピグテールの長さ テールブーツタイプ コネクタの種類
12=1×2
22=2×2
1950=1950nm
50=50/50
10=10/90
01=1/99
S=Other
00=300mW
01=1W
05=5W
10=10W
S=Other
S=Slow axis working, fast axis cut off
F=Fast axis works, slow axis cuts off
P15=PM1550
P19=PM1950
08=0.8m
10=1.0m
15=1.5m
S=other
B=250um bare fiber
L=900um loose tube
S=other
N=None
FP=FC/PC
FA=FC/APC
S=other

*参考モデル: TLPMTC-12-1950-50-00-S-P19-10-L-FA
結晶構造偏波保持ファイバカプラ、1X2構造、中心波長は1950nm、分割比50:50、連続光パワーは300ミリワット、遅軸動作、速軸カットオフ、ファイバタイプPM1950、ピグテール長さ1メートル、900μmルーズブッシュ、コネクタタイプ FC/APC、遅軸調整キー。