Nd:KGW(Ndドープガドリニウムタングステン酸カリウム) – レーザー結晶 – 利得媒体 – カスタマイズ製品

Product ID: 6199


¥11,500

Compare

Nd:KGW(Ndドープガドリニウムタングステン酸カリウム) – レーザー結晶 – 利得媒体 – カスタマイズ製品

Nd:KGW結晶は、高濃度のドーピングを実現できるレーザー結晶の一種です。高濃度のNdイオンを混合でき、発光面積が大きいため、Nd:YAGよりもモノパルス、低繰り返しのレーザー性能が優れています。 。Nd:KGW 結晶の吸収帯は 808 nm であり、LD ポンプ光源 (発光波長は 808 nm) と効果的に結合して発光効率を向上させることができます。さらに、半値幅と半値幅が 12 nm であるため、温度による LD 発光波長のドリフトに対応でき、ダイオード励起 KGw レーザーの実験やデバイスの研究を行うのに役立ちます。Nd:KGWは自由発振、Qスイッチング、モードロック動作を実現できるだけでなく、ラマン変換も実現します。

Nd: KGW 結晶 – 結晶は励起ラマン散乱から生成され、周波​​数 2 倍化後に可視帯域の多波長光源になります。

Nd:KGW 結晶のラマン特性は、高い励起ビーム断面積、低い励起閾値、高出力エネルギー、高い変換効率、および 2 つの高いラマン利得係数 (768 および 901 cm -1 ) に依存します。ラマン結晶は911 nm、1067 nm、1351 nmで、周波数逓倍後に0.455 um、0.533 um、65 umの赤、黄、青の光を生成でき、材料加工、光通信、テレセンシング、医療、環境モニタリング、精密測定などの分野。

特徴
高いドーピング濃度
高励起断面
高いラマン利得係数
LDとの結合が良好
広い吸収帯域幅
低い発振閾値

注記:
10,000円は内金であり、商品の最終価格ではございません。 必要な場合は価格をお問い合わせください。


物理的特性

Nd濃度 2.2%(CW)、3%(準CW)
蛍光寿命 130μs
誘導放出断面積 3.7 × 10-19cm2  _
遷移波長 1067nm
熱伝導率 K a =2.6 W/Km
K b =3.8 W/Km
K c =3.4 W/Km
dn / dT 0.4*10 -6  K -1
屈折率 @ 1.06μm n p =1.978
nm = 2.014
n g =2.049
熱膨張係数 (100):4*10 -6  K -1
(010):3.6*10 -6  K -1
(001):8.5*10 -6  K -1
密度(g * cm -3 7.248
比熱容量Cp 500 キログラム-1 K -1


スペクトル特性

レーザー波長 (nm) 1067
放出断面積 (pm 2 ) 2 32.3
利得帯域幅 (nm) 2.73
蛍光寿命 (μs) 3% ドーピングで 110
熱伝導率(Wm -1 K -1 ~3

 

吸収スペクトルと発光スペクトル

TaorLabs レーザー結晶

カテゴリー: タグ: ,