PM1550 ファイバーを使用した 1550nm 偏波維持ファイバー光アイソレーター

Product ID: 6485


¥11,500

Compare

PM1550 ファイバーを使用した 1550nm 偏波維持ファイバー光アイソレーター

光ファイバーアイソレータは、主に磁気光学結晶のファラデー効果を利用して反射光を分離し、光を一方向にのみ透過させる受動的磁気光学デバイスです。 ファイバーアイソレータは、後方反射や信号によって引き起こされる望ましくない影響から光源を保護するために使用されます。 後方反射はレーザーにダメージを与えたり、モードホップ、振幅の変化、周波数のシフトを引き起こす可能性があります。 高出力反応では、後方反射も不安定性や出力スパイクを引き起こす可能性があります。

TaorLabs が製造するアイソレータは、高い絶縁性、低い挿入損失、高い耐電力を備えています。 さまざまな波長、パワー、ファイバーを備えたアイソレータは、ユーザーのニーズに応じてカスタマイズできます。 この製品は、ファイバーレーザー、ファイバー増幅器、レーザー通信、光ファイバーセンサー、科学研究およびその他の分野で広く使用されています。

注記:
10,000円は内金であり、商品の最終価格ではございません。 必要な場合は価格をお問い合わせください。

仕様

パラメータ 単位
中心波長 nm 2000
動作波長範囲 nm ±10
ステージタイプ Single Stage Dual Stage
ピークアイソレーション(標準値) dB 40 55
アイソレーション(最小) dB 26 45
挿入損失(標準値) dB 0.5 0.6
挿入損失(最大) dB 0.65 0.8
消光比 (最小) dB 18(Type B),20(Type F)
最小のリターンロス dB 50
ファイバータイプ PM1550
引張荷重 N 5
最大光パワー (CW) W 0.3,1,2,5,10
最大ピークパワー(パルス) KW /
動作温度 0 ~ +70
保管温度 -40 ~ +85

*温度測定環境は25℃です。
*上記データにはコネクタは含まれておりません。 コネクタを追加すると、挿入損失は 0.3dB 増加し、リターンロスは 5dB 減少し、偏波保持製品の消光比は 2dB 減少します。 デフォルトのモードは低速軸動作と高速軸カットオフです。

パッケージの寸法


TaorLab fiber isolator

注文情報

TLPMI 作動波長 パワー パワータイプ ステージタイプ 動作軸 ファイバータイプ ピグテールの長さ ピグテールタイプ コネクタのタイプ
1550=1550nm
S=Others
00=300mW
01=1W
02=2W
S=Others
C=CW
P=Pulse
S=Single stage
D=Dual stage
S=Slow axis work
F=Fast axis work
B=Both axis work
P15=PM1550 08=0.8m
10=1.0m
15=1.5m
S=Others
B=250um bare fiber
L=900um loose tube
S=Others
N=None
FP=FC/PC
FA=FC/APC
S=Others

*参考モデル: TLPMI-1550-00-C-S-S-P15-10-L-FA
偏波保持光ファイバアイソレータ、中心波長 1550nm、連続出力 300mW、単段、遅軸動作、ファイバタイプ PM1550、ピグテール長 1m、900um ブッシング、FC/APC。