IS50-LS 内蔵ハロゲンランプ積分球 360~2500nm 反射測定積分球

Product ID: 5946


¥10,000

IS50-LS 内蔵ハロゲンランプ積分球 360~2500nm 反射測定積分球

注意
(1)これは保証金であり、最終製品の価格ではありません。
実際の商品価格についてはお問い合わせください。仕様によって価格が異なります。
(2)リードタイム:3〜4週間。

標準の反射積分球と比較して、IS50-LSは光強度を100倍に増やすことができます。 反射測定アプリケーションで重要な価値があります。 積分球とハロゲンタングステン光源を組み合わせ、ファイバー結合を失うことなく、散乱したハロゲンタングステン光をサンプルに直接照射します。 光ファイバー分光計に直接接続して反射信号を収集できるSMAインターフェースを備えています。

IS50-LSは、信号強度が大幅に制限されている暗くて反射率の低い材料や近赤外分光法に最も一般的に使用されています。

IS50-LSの内径は50mm、サンプリングポートは10mm、SMAリファレンスインターフェイスを備えています。 5Wハロゲンランプは、強制気流によって安定化および冷却されます。 この構成には、5V / 4A電源が含まれています。 スイッチラインを介して、リモートでオン/オフを切り替えることができます。

通常は通常の積分球を使用しますが、吸収率の高い製品をテストする場合、収集される信号が非常に弱いため、強化された積分球IS50-LSを開発しました。つまり、光源は積分球に統合されます。 。 内部。

IS50-LSは、積分球と内蔵ハロゲンタングステン光源の理想的な組み合わせです。 積分球は反射率測定に使用できます。 照明光源には拡散ハロゲンタングステン光源を使用しています。 コリメートされたSMA測定ポートを分光計に接続して、反射スペクトル信号を測定できます。 内蔵ハロゲンタングステン光源の利点は、通常の積分球とサンプルを照らす外部ファイバー結合ハロゲンランプの100倍の強度があるため、暗くて反射率の低い材料やNIRスペクトル測定に特に適しています。 。

仕様

モデル IS50-LS IS50-LS-10W
波長範囲 360~2500nm 360~2500nm
拡散反射キャビティの内径 50 mm 50 mm
サンプリングポート径 10 mm 10 mm
色温度 2800K 2915K
電球の力 5W 10W
電球の寿命 10,000時間 6,000時間
安定性/ドリフト <0.1%/hr <0.1%/hr
電源 5VDC, 2A 5VDC, 3A
外形寸法 直径:160mm、高さ:58mm 直径:160mm、高さ:58mm

積分球

積分球

関連製品:




積分球ブラケット




シリカ光ファイバー


LiveZilla Live Chat Software
LiveZilla Website Chat Software